トップ

印刷の耳寄りな情報

無線綴じ冊子印刷の特徴

無線綴じ冊子と言うのは、無線と言う事からも針金などを使わずに製本を行うものです。印刷が行われた用紙を二つ折りにしていくつか重ねていきます。その重ねた物を1つの束にして、それをまとめてから、表紙となる背の部分に糊などの接着剤をつけてから止める方法です。無線綴じに対して、針金を使って固定するのは中綴じと言いますが、中綴じはページを大きく開く事が出来るのに対して、無線綴じはページを大きく開くのが難しい事からも、写真集などの印刷物には向いていないと言います。そのため、漫画の本などの印刷物は無線綴じになるケースが多いのです。

無線綴じ冊子の活用方法

印刷物ページ数が多いときや背表紙をきれいに見せたいときは無線綴じ冊子にするのがよいでしょう。無線綴じは少量ずつの冊子を重ね、背をのりでつけることによってまとめます。最後に表紙で囲い込み1つの冊子にします。背表紙のタイトルが見やすいことから、本棚に並べて保管しておくような冊子に好まれて使われる製本です。また、少量の冊子を組み合わせることがら、本が開きやすく、ページ数が増えてもページとページの間の文字が読みやすいのが特徴です。のりが乾くまでの日数が必要になるため、急いでる印刷物案件の場合は納期の確認をするとよいでしょう。